弾かなかった電子ピアノ!ハードオフで新たな旅立ち

弾かなかっ電子ピアノ!ハードオフで新たな旅立ち

十年ほど前から我が家にあった電子ピアノ。

 

誰も弾かないのに、娘にと親戚が譲ってくれたもので、捨てるに捨てられずに娘の部屋に置きっぱなしの状態でした。

 

上には物が積み上げられ、完全に物置です。

 

いつか弾くかも、と言っていた娘も就職を機に処分を決心しました。最近の電子ピアノとは違い、大きく重く、分解しなければ外に運びだす事もできません。

 

しかしよくある電子機械メーカーの物ではなく、ピアノメーカーが作った物だけあってとても良い音がします。

 

そのまま市の大型ゴミ持ち込みセンターに持っていこうかとも思っていましたが、試しにリサイクルショップに持って行くことにしました。

 

一軒目では一目見て「古すぎて買い取れない」と言われました。

 

しかし二軒目のハードオフでは「電子ピアノは10年越えたものだとあまり高くは買い取れないが、電話査定で断られる事が多くせっかくだから音を出してみたい」と店内に持ち込むことになりました。

 

型番などから、20年以上前の商品だと判明し、さすがに古すぎて値段は付かないだろう、と思いながら査定を待っていましたが、「状態はかなりいい。古いけれども品薄なので1000円で良ければ買い取ります」と言われました。

 

あの思いピアノをまた持って帰るのは無理だったし、1000円でも値段が付いたことは嬉しく、すぐに了承しました。

 

長年弾かれることもなく家に置いてあったピアノが、また店頭に並ぶのは嬉しい事です。

 

安くても誰かが、「ピアノを始めたいから古くてもいい」と買っていってくれたらまた曲を奏でる日がくるかもしれません。

 

査定時に全ての鍵盤をチェックするために響いていた音階が、いつまでも耳に残っています。